プロポーズのタイミング

PR|高崎市でおすすめの寝具なら|

当時付き合って 3年になる彼女がいました。その子とは、同級生で、お互い、社会にででから、合コンでしりあいました。出会って5回目で 付き合うことになりました。お互いの家を 行き来したりして、両方の 親の公認でつきあっていました。それでも、3年間 付き合っていたら、ラブラブのときもあれば、ケンカするときもありました。一度は 別れ話をしたこともあります。それでも、付き合っていました。そんな、ある日、たまたま、友達と スノーボードを楽しんでいましたら、転倒して、足を骨折してしまいました。そのとき、しばらく、入院をしたりしていました。その後のリハビリもですが、彼女が 毎日きてくれてサポートしてくれました。時々、ケンカもしたりしていたのに、毎日、サポートしてくれる彼女をみて、結婚を決意しました。彼女なら、年をとっても 一緒にいられると思いました。怪我が完治してから、プロポーズをしました。今では、私の 大事な家族です。